AppleがEpicを反訴―Epicの一連の行動を「甚だしい契約違反」「窃盗行為」と批判 | GameBusiness.jp

AppleがEpicを反訴―Epicの一連の行動を「甚だしい契約違反」「窃盗行為」と批判

現地時間9月8日、AppleはEpic Gamesを反訴しました。

その他 事件
Justin Sullivan/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • Justin Sullivan/Getty Images News/ゲッティイメージズ
  • AppleがEpicを反訴―Epicの一連の行動を「甚だしい契約違反」「窃盗行為」と批判

現地時間9月8日、AppleはEpic Gamesを反訴しました。先日、EpicがAppleによるiOS/Mac用の開発者ツール使用差し止めの停止を求めて訴えを起こしていましたが、今回はその訴えに対してApple側が反論を示したかたちです。

同社は訴状内で「Epicは自社を現代のロビン・フッドのように演出しているが、実際には、App Storeが与える莫大な価値への対価の支払いをただ拒んでいるだけの、数十億ドル規模の企業であるにすぎない」述べています。

Apple Storeに依存しない独自のシステムの導入へのAppleの対応を「報復行為」としたEpic側の批判を「利己的な物語」とし、Epicの対応を「甚だしい契約違反」「窃盗行為」と批判しています。 裁判は現地時間9月28日に開かれる予定です。
《ロラルロラック@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら