マイクロソフト・NVIDIA、SSD高速データロード技術を発表 | GameBusiness.jp

マイクロソフト・NVIDIA、SSD高速データロード技術を発表

Xbox Series X由来の「DirectStorage」PC版と、更にそこからRTX 30シリーズで強化する「RTX IO」の二本立て。

企業動向 発表
NVIDIAは、SSDからの高速データロードを実現するRTX 30シリーズ向け新技術「RTX IO」を発表、マイクロソフトもXbox Series X向けの「DirectStorage」技術のPC版を発表しました。

「DirectStorage」はDirectX APIの一部として、NVMeドライブを搭載した特定のシステムで対応ゲームを動かした際に動作するもの。ゲームに要求される膨大なIOリクエストを効率よく処理できるようになります。

一方「RTX IO」は、「DirectStorage」のプラグインとして、RTX 30シリーズのパワーを活かし、本来先に解凍しないといけないデータを直接GPUで処理することを可能とするもの。いずれもIO性能・帯域幅を大幅に拡張するということで、対応ソフトでは次世代機クラスのロードの短さがPC版でも体感できるようになるのかもしれません。

「DirectStorage」の開発者向けプレビュー版は2021年公開予定。一般ユーザーが恩恵を得られるようになる時期については明らかにされていません。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら