NPO団体「IGDA」小規模スタジオのインディーズを支援する「Indie Collective Special Interest Group」設立発表 | GameBusiness.jp

NPO団体「IGDA」小規模スタジオのインディーズを支援する「Indie Collective Special Interest Group」設立発表

Playful StudiosのMark Stanley氏、Team17のDebbie Bestwick氏、Sony Interactive Studioの吉田修平氏などが開発者をサポート。

ゲーム開発 インディー
世界のゲーム開発者を支援するNPO団体「International Game Developers Association(IGDA)」は、一人または小規模スタジオの開発者のための「Indie Collective Special Interest Group(SIG)」を設立したと発表しました。

「SIG」は、新型コロナウイルスの影響を受ける最近の運用についてはもちろん、スタジオ戦略、パートーナーシップの管理、制約下でいかに創造性を発揮するかなどの課題を抱える、インディーズクリエイターの支援を目的としているとのことです。

支援するのは業界の中でも経験豊富な面々。Playful StudiosのMark Stanley氏、Team17のDebbie Bestwick氏、Xbox のChris Charla氏、VlambeerのRami Ismail氏、小島プロダクションの平野真二氏、Sony Interactive Studioの吉田修平氏など総勢33名の錚々たる顔ぶれとなっています。

SIGには、専用フォーマットからコンタクトできます。
《H.Laameche@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら