『R6S』新型コロナの影響で開発チームが在宅勤務を実施予定―小規模パッチの配信は一時中止に | GameBusiness.jp

『R6S』新型コロナの影響で開発チームが在宅勤務を実施予定―小規模パッチの配信は一時中止に

ユービーアイソフトは『レインボーシックス シージ』について、開発チームの在宅勤務を実施予定であると発表しました。

ゲーム開発 その他
『R6S』新型コロナの影響で開発チームが在宅勤務を実施予定―小規模パッチの配信は一時中止に
  • 『R6S』新型コロナの影響で開発チームが在宅勤務を実施予定―小規模パッチの配信は一時中止に
  • 『R6S』新型コロナの影響で開発チームが在宅勤務を実施予定―小規模パッチの配信は一時中止に

ユービーアイソフトは、同社が開発・運営を手掛けるチーム対戦FPS『レインボーシックス シージ』について、開発チームの在宅勤務を実施する予定を発表しました。


発表文によれば、日々の『レインボーシックス シージ』体験はこれまで通り楽しめる一方で、小規模なパッチ配信は一時的に中止になるとのこと。また、リリース準備が整っているコンテンツには影響が出ないものの、今後リリースが予定されているコンテンツについては、日程の変更があった場合はコミュニティに通達するともしています。

2009年のH1N1インフルエンザウイルス以来のパンデミックとして、世界各国で猛威を振るう新型コロナウイルス。ゲーム業界でもE3GDCといった一大イベントが中止・延期になっているほか、開発会社の在宅勤務が実施されるなど、大きな影響が出ています。
《S. Eto@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら