プラチナゲームズ、2020年4月に「プラチナゲームズTOKYO」を開業!代表取締役の佐藤氏や取締役/スタジオヘッドの稲葉氏がその決意を語る | GameBusiness.jp

プラチナゲームズ、2020年4月に「プラチナゲームズTOKYO」を開業!代表取締役の佐藤氏や取締役/スタジオヘッドの稲葉氏がその決意を語る

プラチナゲームズが2020年4月に「プラチナゲームズTOKYO」を開業!大阪本社以外では、初の開発拠点となります。

企業動向 戦略
プラチナゲームズ、2020年4月に「プラチナゲームズTOKYO」を開業!代表取締役の佐藤氏や取締役/スタジオヘッドの稲葉氏がその決意を語る
  • プラチナゲームズ、2020年4月に「プラチナゲームズTOKYO」を開業!代表取締役の佐藤氏や取締役/スタジオヘッドの稲葉氏がその決意を語る

プラチナゲームズは大阪本社以外では初となる開発拠点「プラチナゲームズTOKYO」を、2020年4月に開業すると発表しました。

この発表に合わせて公開された「プラチナゲームズTOKYO」特設ページでは、同社の代表取締役社長、佐藤賢一氏のメッセージを公開。創立から14年を経ての東京進出に込めた決意を述べています。

その中には2019年12月に発表となった、テンセント・ホールディングス社との資本提携に関する部分も。“この資本提携による増資を契機に、初となる自社IPタイトル『Project G.G.(仮称)』の開発を本格的にスタートさせ、併せて、総合的な開発力強化の施策の柱として東京における開発拠点「プラチナゲームズTOKYO」を新設する決断に至ったのです。”と、東京進出への経緯を語り、これまで開発の拠点となっていた大阪に加え、“「プラチナゲームズTOKYO」を新設して東阪二拠点体制とすることで、優秀なクリエイターが当社に合流できる可能性を、より広げたい”と語っています。

何よりも、「面白いゲームをつくろう」という強い想いを掲げるプラチナゲームズ。前述の佐藤氏のほか、取締役/スタジオヘッドの稲葉敦志氏、「プラチナゲームズTOKYO」で本格稼働していく「コンソールゲーム運営」の中枢を担うスペシャリストたちのインタビュー記事も公開されています。

また、同タイミングでリニューアルされた中途採用ページには、勤務地の選択肢に東京が追加されました。今後の事業拡大に伴って、中途採用も強化するとしています。

「プラチナゲームズTOKYO」
https://four.platinumgames.co.jp/03-TOKYO/

「プラチナゲームズ」中途採用ページ
https://www.platinumgames.co.jp/jobs/mid-career/
《ねんね太郎@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら