Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別 | GameBusiness.jp

Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別

家庭用アーケードマシンを手掛けているDream Arcadesは、Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリ「CART」の開発を進めていることを明らかにしました。

ゲーム開発 人工知能(AI)
Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別
  • Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別
  • Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別
家庭用アーケードマシンを手掛けているDream Arcadesは、Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリ「CART」の開発を進めていることを明らかにしました。

「CART」アプリはレトロゲームのカートリッジをカメラで撮影し、Dream ArcadeのサーバーからGoogle AIのクエリを実行することでタイトルを自動識別。全体のプロセスは数秒しかかからず、現時点で以下のコンソールに対して90%以上の精度を持っています。

  • Atari 2600
  • Atari 5200
  • Nintendo Entertainment System (NES)
  • SNES
  • N64
  • Sega Genesis

今後さらに対応を広げるべく、ColecoVisionやゲームボーイ、Atari Jaguarなど12種類以上のレトロゲームカートリッジを認識するトレーニングを行っているとのこと。アプリはWebベースであるため、iPhoneユーザーとAndroidユーザーの両方が使用可能。加えてPCやノートパソコン、Kindleからもアクセスできるそうです。

ボランティアからの提供やeBayなどのウェブサイトから2年近くかけて画像を収集し、認識精度を高めているという「CART」アプリ。現在はDream Arcadeの顧客とボランティア向けに限定されているものの、認識できるシステムの数が増えればより多くの人に向けて公開される予定です。

なお、このプロジェクトの最終目標は、レアなゲームや貴重なゲームを見つけることに関して、一般的なゲーマーにベテランコレクター並みの能力を与えることとしています。
《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら