Discord、ゲーム映像配信機能「Go Live」を全ユーザー向けに開放! | GameBusiness.jp

Discord、ゲーム映像配信機能「Go Live」を全ユーザー向けに開放!

ゲーマー向けチャットツール「Discord」で、全ユーザーがゲーム映像配信機能“Go Live”を使用可能に。お手軽にVCの仲間にゲーム配信が実現

ゲーム開発 サーバー・ホスティング

ゲーマー向けチャットツール「Discord」はゲーム映像配信機能“Go Live”を全ユーザー向けに開放したことを発表しました。

この機能は一部のサーバー内VCチャンネルへの画面共有機能の置き換えとなるもの。Discord側で指定したゲームアプリ画面のみをほぼ遅延なしにVCチャンネル内で配信できます。




使い方は簡単。Discordクライアント実行中に、ゲームとして認識されているアプリケーションを起動すると、画面左下、自分の名前の上にゲームの名前と配信ボタンが出現。あとはボタンを押し、配信するサーバー内のチャンネルを選択するのみです。配信はプレビュー画面内のボタンかVCの退出から終了できます。


今回配信テストに使用したゲームは3DダンジョンRPG『Heroes of a Broken Land』。
こちらの特集でも紹介しています

視聴画面の分離や、プレビュー化も可能


配信を視聴したい場合は、VCチャンネルの「ライブ」、もしくは右側のユーザーリストで「ゲームを配信中」と表示されているユーザーをクリック。表示されたボタンを選択することで視聴できます。配信側は、プレビュー画面内から視聴へのユーザー招待(フレンド、もしくはパブリック向けリンクの生成)も可能です。

なお、今回の記事内スクリーンショットの撮影には「Game*Spark/インサイドのDiscordサーバー」を利用しています。Game*Spark/インサイドの編集部員や「じゃんげま」をはじめとした連載漫画の作家、「吉田輝和の絵日記」でお馴染みの吉田輝和氏と交流出来るほか、様々な企画・チャンネルなどを用意しています。

ゲーマー向けチャットツール「Discord」は基本無料で配信中。ブラウザ版では一部の機能が制限されます。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら