受け手の有無によらず、表現し評価を委ねる…『Bloodstained』のIGA氏が語るインディー開発観 | GameBusiness.jp

受け手の有無によらず、表現し評価を委ねる…『Bloodstained』のIGA氏が語るインディー開発観

日本のカルチャーをテーマとした映像を配信するArchipelは8月6日、新たに『悪魔城ドラキュラ』シリーズや『Bloodstained: Ritual of the Night』を手掛けた、IGAこと五十嵐孝司氏のドキュメンタリー映像を公開しました。

ゲーム開発 インディー
受け手の有無によらず、表現し評価を委ねる…『Bloodstained』のIGA氏が語るインディー開発観
  • 受け手の有無によらず、表現し評価を委ねる…『Bloodstained』のIGA氏が語るインディー開発観
  • 受け手の有無によらず、表現し評価を委ねる…『Bloodstained』のIGA氏が語るインディー開発観
  • 受け手の有無によらず、表現し評価を委ねる…『Bloodstained』のIGA氏が語るインディー開発観

日本のカルチャーをテーマとした映像を配信するArchipelは8月6日、新たに『悪魔城ドラキュラ』シリーズや『Bloodstained: Ritual of the Night』を手掛けた、IGAこと五十嵐孝司氏のドキュメンタリー映像を公開しました。

「Iga's Lair - an alternative path to game creation(IGAの部屋/隠れ家 - ゲーム製作の新たな道すじ)」と題された映像では、『悪魔城ドラキュラ』シリーズ等をコナミ在籍時に製作し、独立後にはKickstarterによるクラウドファンディングでの開発資金調達を経て製作した『Bloodstained: Ritual of the Night』のPC版(※国内コンソール版は10月24日発売予定)を6月に発売したIGAこと五十嵐孝司氏に密着。

『Bloodstained: Ritual of the Night』

PlayStation 3の『TOKYO JUNGLE(トーキョー ジャングル)』を手掛けた片岡陽平氏と共に「インディー」開発シーンに対する考え方が共有されているほか、五十嵐氏が実際に『Bloodstained』を製作する中で気づいた、これまでと異なる開発事情の話や、プロデューサーが何たるかは未だ自身も模索中との胸中が赤裸々に語られています。

公式フォーラム8月2日掲載の開発支援者向けリワードのスリップケース4,500枚にサインするIGA氏。現在開発リソースをスイッチに移行し、修正対応中。日本向けの発売遅延を鑑み、日本からの開発支援者向けに何らかの追加の対応を検討中とのこと。
《technocchi@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら