『モータルコンバット』実写映画新作は「R指定」に―脚本家が明かす | GameBusiness.jp

『モータルコンバット』実写映画新作は「R指定」に―脚本家が明かす

現地時間2021年3月5日に公開予定となっている実写映画版の『Mortal Kombat(モータルコンバット)』ですが、脚本家を務めるGreg Russo氏は本作が“R指定”となることを明らかにしました。

文化 その他

現地時間2021年3月5日に公開予定となっている実写映画版の『Mortal Kombatモータルコンバット)』ですが、脚本家を務めるGreg Russo氏は本作が“R指定”(17歳未満の鑑賞は保護者の同伴が必要)となることを明らかにしました。



『Mortal Kombat』シリーズと言えば強烈なバイオレンス表現が特徴の一つ。しかしながら90年代に公開された2つの実写映画版はいずれもPG-13指定(13歳未満は保護者の強い同意が必要)の比較的マイルドな表現になっていたということで、Russo氏は「史上初めてフェイタリティが大画面で繰り出される」と伝えています。



ゲーム最新作『Mortal Kombat 11』のストーリーモードはまるで映画のような濃密な内容だったので、実写映画版はそれに負けないようなものとなることに期待です。なお、先日には「ザ・レイド」や「ワイルド・スピード EURO MISSION」に出演したJoe Taslimがサブゼロ役を務めることが明らかにされていました

《RIKUSYO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら