倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施 | GameBusiness.jp

倒した相手が挨拶?中国版『PUBG Mobile』が『Game for Peace』へと変更、表現規制更新も実施

バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のモバイル向け『PUBG Mobile』の中国語版に大きな変化が起こったことが海外メディアにて報じられました。

ゲーム開発 その他

バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』のモバイル向け『PUBG Mobile』の中国語版に大きな変化が起こったことが海外メディアにて報じられました。

ロイター通信によれば『PUBG Mobile』は中国ではテスト終了。“反テロをテーマにした新作”『Game for Peace』としてリブートされたとしています。テンセントは「我が国の空域を守る青い空の戦士たちに敬意を表す」ことに着想を得たタクティカルシューターであると同作を説明。両作の外見はほぼ一致しているほか、ユーザーから『PUBG Mobile』のデータが『Game for Peace』に引き継がれていることも報告されていますが、テンセントによれば両者は「全く別のジャンルである」ということです。

なお、『Game for Peace』での大きな変化として一切の流血描写の削除、また戦闘でやられた敵は死体にならず、なんと挨拶をして消えるというユニークな表現規制が挙げられます。同作のプレイを収めたユーザー映像でもその様子をチェックすることが可能です。このような変化には先日中国で新たに告知されたゲーム規制の影響が強いことも伺えるところでしょう。もしかすると今後の様々なタイトルの中国語版においても、このような大きな一部表現の変化が見られるのかも知れません。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら