Googleが独自のゲームコントローラー特許を出願ー新ゲームストリーミングサービス展開にも関連か | GameBusiness.jp

Googleが独自のゲームコントローラー特許を出願ー新ゲームストリーミングサービス展開にも関連か

Googleが、オリジナルのゲームコントローラーの特許を米国特許商標庁に出願していたことが分かりました。

ゲーム開発 その他
Googleが独自のゲームコントローラー特許を出願ー新ゲームストリーミングサービス展開にも関連か
  • Googleが独自のゲームコントローラー特許を出願ー新ゲームストリーミングサービス展開にも関連か
  • Googleが独自のゲームコントローラー特許を出願ー新ゲームストリーミングサービス展開にも関連か
  • Googleが独自のゲームコントローラー特許を出願ー新ゲームストリーミングサービス展開にも関連か

Googleが、オリジナルのゲームコントローラーの特許を米国特許商標庁に出願していたことが分かりました。

コントローラーの外観は、すでに特許商標庁の登録ページにて公開済み。ボタンやスティックの配置はPSコントローラーと同じタイプで、かなりシンプルなデザインです。また、中央下部には音声検索のマークが印字されており、音声による操作機能の搭載が想像されます。

Googleはこれまでも、ゲーム関連サービスへの本格参入や専用ハードの開発などがされていました。過去には『アサシン クリード オデッセイ』のストリーミングプレイをアメリカ限定で実施するといった動きも見せており、今回の特許出願もそうした展開の一つという可能性もあります。

現時点で、このコントローラーについての詳細な発表はありませんが、日本時間2019年3月19日にサンフランシスコで開催予定の「Game Developers Conference」では、キーノートを実施予定と伝えられています。果たして、どのような続報がもたらされるのでしょうか。
《TAKAJO@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら