ポールトゥウィン、ゲームチューニング子会社の猿楽庁を吸収合併し機能強化へ | GameBusiness.jp

ポールトゥウィン、ゲームチューニング子会社の猿楽庁を吸収合併し機能強化へ

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス(PPHD)は、連結子会社「ポールトゥウィン」が、同社の子会社(PPHDの孫会社)である「猿楽庁」を5月1日付で吸収合併することを発表しました。

企業動向 戦略
ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス(PPHD)は、連結子会社であるデバッグ・検証を主事業とするポールトゥウィンが、同社子会社(PPHDの孫会社)でゲームチューニングを主事業とする猿楽庁を5月1日付で吸収合併すると発表しました。

猿楽庁は任天堂とリクルートの合弁会社・マリーガルマネジメントの内部組織として1997年に誕生。2001年に独立し、エンターブレイン(現・KADOKAWA)傘下に入ります。独立当時はデバッグとゲームチューニングを主事業としており、同社のデバッグ・チューニングの信頼の証としてゲームパッケージに同社のロゴなどが掲載されることもありました。2010年にポールトゥウィンが全株式を取得し同社の子会社となり、以降はゲームチューニングに特化した会社となっています。

今回の合併についてポールトゥウィン・ピットクルーホールディングスは、従来は必要に応じてポールトゥウィン・猿楽庁による事業連携を行ってきたが、合併によってワンストップ化し顧客企業へのサービス向上が図れる、としています。
《岩井省吾》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら