米コメディアンが『フォートナイト』開発元など複数を提訴―ダンスエモートの権利巡り | GameBusiness.jp

米コメディアンが『フォートナイト』開発元など複数を提訴―ダンスエモートの権利巡り

90年代の米コメディ・ドラマなどで知られるコメディアン、アルフォンソ・リベイロ氏。同氏がドラマ内で演じたダンスをモチーフとしたと思しきエモートを搭載した複数のゲームを提訴したと報道されました。

その他 事件
90年代の米コメディ・ドラマで知られるコメディアン、アルフォンソ・リベイロが、複数ゲーム内に搭載されたエモートと自身がドラマ内で見せたダンスを巡って、ゲーム会社を提訴したと報じられました。

訴訟を報じた海外メディアTMZによれば、問題となったのはリベイロが90年代ドラマ「ベルエアのフレッシュ・プリンス」内で演じたCarlton Banksが踊る、「Carlton Dance」と呼ばれるダンス。該当のエモートは『フォートナイト』では「フレッシュ」の名前で用いられています。

弁護士のDavid Hecht氏は、リベイロが、人気バトルロイヤルシューター『フォートナイト』のEpic Games及び、『NBA 2K』シリーズの2K Gamesに対して、ゲーム内のエモートが自身のダンスに酷似しており、肖像と知的財産使用の報酬を求める訴訟を提起したとのことです。

同作収録ダンスエモートを巡っては、米ヒップホップアーティストの2 Millyも訴訟検討の後、同様の訴えを起こしました。しかしながら、現在のアメリカの法律ではダンスのムーブに著作権がないとされており、本件を含む各種訴訟の行末がどうなるかは未知数です。

TMZが問い合わせたところ、Epic Gamesは「進行中の訴訟についてはコメントしていない」としており、詳細は語られていません。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら