App Annieによる「Google Play」の歴史を振り返るレポートが公開―過去10年のランキングとトレンドを発表 | GameBusiness.jp

App Annieによる「Google Play」の歴史を振り返るレポートが公開―過去10年のランキングとトレンドを発表

アプリ市場データを提供するApp Annieは、Android Marketの開設から10周年を迎えた「Google Play」の歴史を振り返るレポートを公開しました。

市場 調査

アプリ市場データを提供するApp Annieは、Android Marketの開設から10周年を迎えた「Google Play」の歴史を振り返るレポートを公開しました。

本レポートでは、「Google Play」の「過去」と「今」や、「10年間のダウンロード・消費支出ランキング」を発表し、「2012年から2018年までの各年アプリトレンド」について分析をしています。

「iOS App Store」と共にアプリ市場を語る上で欠かせない大きなプラットフォームである、「Google Play」をApp Annieのデータで振り返りましょう。

■レポート全文のダウンロードはこちら
https://bit.ly/2ClUkLL

◆10年間で1000万本に近いアプリがGoogle Play内でリリース!



Googleは2012年3月、Android Marketの名前をGoogle Playに変更し、アプリの最大許容サイズを拡大しました。その結果、リリースされるアプリが増加し、リッチなコンテンツを伴うゲームなどのアプリの品質が向上しました。

◆アプリダウンロード数、消費支出ともに順調に伸長。特に消費支出では、2015年対比、2017年はほぼ倍増!




◆非ゲーム系アプリは、「サブスクリブション(定期購入)」の浸透により、消費支出が大幅に増加!




◆国別ダウンロード、消費支出ランキングを発表!日本は累計の消費支出で第一位!




◆2012年以降の総ダウンロード数・総消費支出ランキングを発表!


■ゲームアプリ


■非ゲーム系アプリ


ゲームアプリの世界ダウンロード数ランキングに関しては、SubwaySurfersが1位となりました。3Dのアクションゲームとして人気が根強く、全世界でプレイされています。ゲームの世界消費支出については、日本でも大人気のPuzzle&Dragonsが1位となりました。

非ゲーム系アプリの世界ダウンロード数ランキングでは、Facebookが1位を獲得しました。Facebook社はダウンロード数ランキングの1~4位を独占しました。非ゲーム系の世界消費支出ランキングでは、LINEが1位を獲得しました。

◆2012年以降、各年のGoogle Playの人気アプリトレンドを振り返る!


■2012年:日本の人気ソーシャルプラットフォームがモバイルアプリで成功

バーチャルアバターとスタンプが、ソーシャルカテゴリーにおけるマネタイズの道を開きました。


■2013年:アジア太平洋地域のソーシャルプラットフォームがグローバル市場に進出

LINE、KakaoTalk、WeChatが、国外市場でダウンロード数、消費支出ともに好成績を収めました。


■2014年:LINEのアプリが消費支出トップ10に4本ランクイン

ダウンロード数では、4つのメッセージングアプリが世界制覇を競いました。


■2015年:モバイルと抜群の相性を見せたマッチング系アプリ

Tinderが消費支出で成功し、マッチング系アプリの世界的ブームを巻き起こしました。


■2016年:外出先でのメディア消費が急拡大

Snapchatがダウンロード数を急速に伸ばすとともに、4Gネットワークの普及に伴うモバイル動画消費が拡大しました。


■2017年:動画プラットフォームがアプリストア課金で成功

サブスクリプションから少額決済まで。人気の動画ストリーミングアプリNetflixとHBO NOW、そしてライブ配信アプリのBIGO LIVEとLive.meがアプリの消費支出を牽引しました。


■2018年:短尺動画プラットフォームが長期的な成功に布石を投じる

Tik TokとVigo Videoの成功により、中国の人気ニュースプラットフォームToutiaoが世界の動画アプリダウンロードのランキングに姿を表しました。


※世界(中国を除く)のGoogle Playにおけるアプリランキングにゲームは含まれない。
※プリインストールアプリからのダウンロード数と消費支出は分析から除外。

◆App Annieについて



App Annie (アップアニー) は、アプリビジネスに役立つアプリ市場データと分析を提供する世界No.1の情報プラットフォームです。アプリ市場の情勢、自社アプリの競合優位性をより深く把握するため、100万を超えるユーザーに利用されています。

米・サンフランシスコに本社を置き、世界15都市で事業を展開しています。現在までにセコイア・キャピタル、Institutional Venture Partners、IDGキャピタル・パートナーズ、eVentures、GreenspringAssociatesグレイクロフト・パートナーズなどの世界中のベンチャーキャピタルから1億5,700万米ドルの資金調達を実施しました。



©2018 App Annie
《茶っプリン》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら