国内モバイルゲーム、上位10ゲームだけで市場収益50%占める | GameBusiness.jp

国内モバイルゲーム、上位10ゲームだけで市場収益50%占める

市場 調査

「日本のゲームアプリ市場を理解する視点」表紙
  • 「日本のゲームアプリ市場を理解する視点」表紙
  • 日米のゲームダウンロード数の比較
  • 日本のゲームアプリの収益シェア
  • 電通のカテゴリーに基づく、ダウンロード数と収益のランキング
 日本のモバイルゲーム市場について、電通と米App Annieによる最新調査の結果が、日本ゲームアプリ市場レポート「日本のゲームアプリ市場を理解する視点」として発表された。

 それによると、日本のモバイルゲーム市場の収益は、2014~2015年の1年間で、約25%と大きく増加したという。日本で生じたモバイルゲーム収益のうち、90%以上は日本企業によるもので、まだまだ海外企業の進出の余地は大きい。ゲームダウンロード数において日本は、米国の5分の1ほどとなっている。

 一方で、上位ゲームパブリッシャーに収益が集中する傾向が強く、2015年においては、トップ10のゲームが市場の収益全体の、ほぼ50%を占めていた。

 またゲームジャンルについては、「カジュアルゲーム」と「RPG」がダウンロード数トップ200ゲームの75%以上を占めているが、収益については、「RPG」が圧倒的に高く、上位200ゲームの半分以上を占めていた。なお、同レポートではパズドラやモンストは、RPGに区分されている。

 同レポートでは、RPGはマネタイズの効率がよい点を指摘。ユーザーとのエンゲージメントを高め、上位の「成功したゲーム」にまずなることが重要だと指摘している。レポートはApp Annieのサイトよりダウンロード可能。

日本のモバイルゲーム、上位10ゲームだけで市場収益50%占める

《赤坂薫》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら