『PUBG』BANされたチーターが通算1,300万人以上に―69週目で初めて10万件下回る | GameBusiness.jp

『PUBG』BANされたチーターが通算1,300万人以上に―69週目で初めて10万件下回る

PUBG Corp.は『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』において、昨年7月からBANしたプレイヤーの統計を公開していますが、遂にその合計が1,300万人を超えたことが、Redditの投稿によって明らかになっています。

ゲーム開発 サーバー・ホスティング
『PUBG』BANされたチーターが通算1,300万人以上に―69週目で初めて10万件下回る
  • 『PUBG』BANされたチーターが通算1,300万人以上に―69週目で初めて10万件下回る
  • 『PUBG』BANされたチーターが通算1,300万人以上に―69週目で初めて10万件下回る
PUBG Corp.より配信中の『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』。本作のBANプレイヤー数が1,300万人を超えたことが、Redditより明らかになりました。

Redditユーザーsjk045氏の10月2日に投稿した内容によれば、過去69週間、『PUBG』のチートによりBANされた人数が、1,300万人を超え、1,309万9,548人にのぼったとのこと。


sjk045氏があわせて公開している統計グラフを見てみると、BAN数は、69週目にして、ようやく10万件を下回っています。2018年2月上旬、BattleEye公式Twitterが、『PUBG』1月度のみのチーターBAN数が100万件以上に上ったことを報告していましたが、その時に比べると非常に減少したと言えるでしょう。しかし、BAN数は減少しているものの、現状のユーザー数が同様に減少してしまっているという別の問題もあります。

PUBG Corp.は先日より「Fix PUBG」プロジェクトの一貫としてチーターへの対策もアナウンスしていますが、これから『PUBG』がどのような道筋を辿っていくのか、注意して見守る必要がありそうです。
《杉元悠@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら