伝説級ホラーゲーム『P.T.』を17歳のファンがリメイク、ゲームプレイの忠実な再現を目指す | GameBusiness.jp

伝説級ホラーゲーム『P.T.』を17歳のファンがリメイク、ゲームプレイの忠実な再現を目指す

ゲーム開発 インディー


小島秀夫監督率いる小島プロダクションが2014年に手がけたホラーゲーム『P.T.』。プロジェクトの元であった新作『サイレントヒル』の開発中止に伴い、2015年4月に配信終了となった同作は、今も多くのゲーマーの間で語り継がれています。そんな『P.T.』を、海外在住の17歳の少年がUnreal Engine 4にてPC向けにファンリメイクし、フリーソフトとして公開しました。

このリメイクを手がけたのは17歳の少年Qimsar氏。『P.T.』のファンリメイクについては他にも幾つかのチームが手がけていますが、今作ではゲームプレイのほぼ完全な再現を目指し、ウォークスルー、スピードランや実機での動作を参考に、アニメーション以外の内容を可能な限り実際のゲームプレイに近づけたとのこと。

早期アクセス版ながらもゲームプレイそのものは完成しているとのことなので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。ファンリメイク『PT for PC』は無料でGameJoltよりダウンロード可能です。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら