圧倒的恐怖を手元に、手軽にースイッチ版『バイオハザード7』クラウドバージョン発表 | GameBusiness.jp

圧倒的恐怖を手元に、手軽にースイッチ版『バイオハザード7』クラウドバージョン発表

企業動向 発表



カプコンは、『バイオハザード7 レジデント イービル』のクラウドバージョンをニンテンドースイッチ向けに発表しました。

クラウドバージョンは、専用アプリをダウンロードすることで、大容量のゲームデータをダウンロードの手間なく楽しむことができるシステム。クラウドサーバーからインターネット回線を通じてゲーム情報を受け取ることで、手軽にゲームをプレイできます。

利用するには、常に安定したインターネット環境が必要で、プレイ券を購入することで180日間プレイ可能です。詳細なゲーム開始方法等は公式サイトに記載されています。

また、『バイオハザード7 レジデント イービル』の「Banned FootageVol.1,2」、「End of Zoe」、「Not A Hero」のDLC含む全コンテンツが収録されています。表現は「グロテスク バージョン」準拠。従来の操作に加え、Joy-Conならではの直感的な操作もできるようです。

更にプレイしやすくなった『バイオハザード7 レジデント イービル』クラウドバージョンは5月24日にサービスが開始され、180日プレイ権は、2,000円(税込)で販売予定。15分間無料で遊べる体験版もあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。
《杉元悠@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら