5月7~9日に開催される「Unite Tokyo 2018」の講演の一部が公開ー国内最大級Unityイベント | GameBusiness.jp

5月7~9日に開催される「Unite Tokyo 2018」の講演の一部が公開ー国内最大級Unityイベント

ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、2018年5月7日から9日にかけて行われるイベント「Unite Tokyo 2018」の講演の一部を公開しました。

その他 イベント
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、2018年5月7日から9日にかけて行われるイベント「Unite Tokyo 2018」の講演の一部を公開しました。Unity関連では国内最大級の催しとなります。またイベントに先行して「Unite Tokyo 2018トレーニングデイ」のチケット販売を開始。こちらのイベントは4月21日に開催予定です。

■Unite Tokyoとは


Unite 2017 Tokyoのイベント会場の様子

Unite Tokyo 2018は、 Unityユーザーのためのテクニカルな講演やブース出展が数多く行われる、国内最大のUnityカンファレンスイベントです。 Unity本社からゲームエンジンを開発している精鋭スタッフも来日し、 Unityの最新機能解説をはじめ様々な講演が行われます。

「Unite Tokyo 2018」のチケット購入はこちらから

■開催日程(予定)


2018年5月7日(月) 18:00-20:00 基調講演、関係者懇親会
2018年5月8日(火) 10:00-20:00 カンファレンス、参加者懇親会
2018年5月9日(水) 10:00-20:00 カンファレンス


  • ■アーティスト向け


    講演タイトル

    アーティストがUnityでサクッといいビジュアルを作るテクニック講座

    講演者

    Mike Geig (Software Developer|Unity Technologies)

    講演内容

    最近公開されたデモプロジェクト『Neon』や『Book of the Dead』でご覧いただけるように、 Unityではアーティストがより質の高いグラフィックスを実現できるような、より進化したツールとワークフローを提供しています。本講演ではUnityにおけるクリエイティブなプロトタイピングのプロセスおよびハイエンド・グラフィクスについてお話しします。ポストプロセッシングスタック、ライティング、高画質レンダーパイプライン(HD Render Pipeline)などの様々なツールをご紹介します。

    講演タイトル2

    『崩壊3rd』開発者が語るアニメ風レンダリングの極意

    講演者

    Jack He (Technical Director|miHoYo Technology Co., LTD)

    講演内容

    本講演では、 Unityによる高品質なセルシェーディングとイラストレーションスタイルのアニメ風レンダリングを実現する方法をご紹介します。モバイルからハイエンドPCまで、ほとんどのプラットフォームにおける実装に対応した内容でお届けします。

    ■プログラマー向け


    講演タイトル

    その最適化、本当に最適ですか!? ~正しい最適化を行うためのテクニック~

    講演者

    Valentin Simonov (Field Engineer|Unity Technologies)
    講演内容 このセッションでは、一見単純そうに見えて実際は複雑で困難な最適化のケースを例に、特にモバイルプラットフォームにおけるパフォーマンスのテストを行う際の注意点をお話します。 IL2CPP で生成されたコードとアセンブリについて詳細に掘り下げ、 JITを含むプラットフォーム別の各種挙動について詳しく解説します(残念ながらあなたのゲームには適さないこともあり得るのですが……)。

    講演タイトル2

    アセットバンドルが超ラク!待望の Addressable Asset System & リソースマネージャー詳細解説

    講演者

    大前 広樹 (日本担当ディレクター|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)

    講演内容

    かつて人類を悩ませたアセットバンドル。悩みは今、過去のものになりました。 Unity 2018.2 から実装された「Addressable Asset System」とリソースマネージャーを活用してゲーム開発からアセットのロード戦略までを楽しくスマートに解決しましょう。このセッションでは、ツールの使い方とプログラミング方法の両面から解説します。

    ■学校関係者や教育関係者に向け


    講演タイトル

    Unityを教える -教育現場でのUnity活用-

    講演者

    簗瀬 洋平 (プロダクト・エヴァンジェリスト|ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
    荒川 巧也 (教員|日本工学院専門学校)
    志村 淳 (ゲームクリエイター科長|専門学校デジタルアーツ仙台)
    加藤 智紀 (LITALICOワンダー事業部 事業企画グループ エンジニア|株式会社LITALICO)

    講演内容

    Unityは小学生向けのプログラミング教室から中学・高校、大学の研究まで教育の現場で幅広く使われています。本セッションでは実際に現場で教えている講演者4名が、事例を交えつつ実際どのようにUnityを教えているか、どのような問題点があるかなどをお話ししていきます。

    ■産業分野の技術者向け


    講演タイトル

    Unity × 自動車:CADインポートと写実的なグラフィクスの実現

    講演者

    Luc Vo Van (Senior Solution Developer Automotive|Unity Technologies)

    講演内容

    本講演では、 CADデータをUnityにインポートする方法を学ぶことができます。 CADデータのテッセレーションおよび準備の方法をご説明した上で、最近公開された高画質レンダーパイプラインを使用して物理的に自然なモデル用マテリアルを作成する方法をご紹介します。また、そうしたマテリアルを、便利で低コストなフォトリアリスティックのセットアップで作成する方法もご説明します。

    ■開催概要


    開催日時

    メインカンファレンス:2018年 5月7日(月) ~9日(水)
    トレーニングデイ:2018年4月21日(土)

    来場者数

    3日間で延べ6,000名規模

    会場

    東京国際フォーラム(JR有楽町駅から徒歩1分)
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1
  • 《Ryudai Okui》

    関連ニュース

    特集

    人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら