Game Server Service、第三者割当増資で8,000万円調達…汎用ゲームサーバーシステムの拡充と強化目指す | GameBusiness.jp

Game Server Service、第三者割当増資で8,000万円調達…汎用ゲームサーバーシステムの拡充と強化目指す

Game Server Serviceは3月30日、大和企業投資、GameWith、KLab Venture Partners、ディー・エヌ・エーの4社を対象とした第三者割当増資によって、8,000万円の資金調達を実施したと発表しました。

ゲーム開発 サーバー・ホスティング

Game Server Serviceは3月30日、大和企業投資、GameWith、KLab Venture Partners、ディー・エヌ・エーの4社を対象とした第三者割当増資によって、8,000万円の資金調達を実施したと発表しました。調達した資金をもとに、2016年12月より提供している汎用ゲームサーバーシステムサービス「Game Server Services」の拡充と強化を行うとしています。

「Game Server Service」は、主にモバイルゲームを対象とした汎用のゲームサーバーを提供するサービスです。よりネットワークを重視するモバイルゲームにおいて、開発効率の向上を目指すデベロッパーや、サーバーサイドの知識がない個人の開発者などをターゲットとしています。同ゲームサーバーを利用することで、課金アイテムやガチャの仕組みなどを、サーバーサイドで一から開発することなくゲームに導入することが可能です。また、料金は基本的に従量課金制となるので、サーバーに大きな投資をできない中小のデベロッパーなども導入を検討しやすくなっています。

また、同サービスを利用する利点としては、モバイルゲーム業界で頻発するサーバー障害のリスク低減を挙げています。「サーバー障害が発生すると配信開始やイベント実施に影響」があるとし、そうした「サーバー障害の大半は、『設計ミス』、『実装ミス』、『キャパシティ予測ミス』のいずれか」が原因であると指摘。同社が提供するような汎用ゲームサーバーの導入を進めることで、こうしたリスクも軽減できるとしています。ゲーム開発の度にサーバーシステムを再開発している現状を見直し、設計・実装ミスのリスクの軽減、また様々なタイプのゲーム開発ができるよう、サービス拡充を進めていく予定です。

なお、GameBusiness.jpでは同社代表取締役社長CEOの丹羽一智氏に今回の資金調達やサービスについて直接お話を伺いました。インタビューの模様は後日掲載予定です。
《Ryudai Okui》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら