新プロジェクトも示唆?『CoD:WW2』開発元の共同創設者がスタジオ離脱しActivisionに参加 | GameBusiness.jp

新プロジェクトも示唆?『CoD:WW2』開発元の共同創設者がスタジオ離脱しActivisionに参加

『Call of Duty: WWII』などを手掛けたことで知られるSledgehammer Gamesの共同創設者Glen Schofield氏とMichael Condrey氏がスタジオを離れることが明らかになっています。

ゲーム開発 その他
Glen Schofield氏

Call of Duty: WWII』などを手掛けたことで知られるSledgehammer Gamesの共同創設者Glen Schofield氏とMichael Condrey氏がスタジオを離れることが明らかになっています。

Sledgehammer Gamesは2009年7月に設立されたスタジオ。『Call of Duty:Modern Warfare 3』の開発に関わった後、当時の創設者2名を始めとした、多くのスタッフの離脱に見舞われましたが、その後『Call of Duty: Advanced Warfare』、『Call of Duty: WWII』の両作の開発を行いました。

Michael Condrey氏

なお、 Schofield氏、Condrey氏共に、Sledgehammer Games以前はVisceral Gamesに所属。『Dead Space』の開発に携わっています。

海外メディアKotakuでのActivisionのコメントによれば、両名のスタジオ離脱はいずれもActivision内の別役職への就任に伴うものとのこと。両者の異動先については公表されていませんが、この異動に伴うコメントの中でSchofield氏は「新しいゲームアイデアを模索する機会を得られた」としており、今後のActivisionの未公開プロジェクトで彼らの名前を見ることができるかもしれません。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら