『CoD:WW2』のSledgehammer Games、スタッフを100名増員予定―現状の1.5倍規模に | GameBusiness.jp

『CoD:WW2』のSledgehammer Games、スタッフを100名増員予定―現状の1.5倍規模に

フルリモートでの勤務が必須となっている現在でも、2,000以上の応募が来ているとのことです。

企業動向 人事
『CoD:WW2』のSledgehammer Games、スタッフを100名増員予定―現状の1.5倍規模に
  • 『CoD:WW2』のSledgehammer Games、スタッフを100名増員予定―現状の1.5倍規模に
  • 『CoD:WW2』のSledgehammer Games、スタッフを100名増員予定―現状の1.5倍規模に
  • 『CoD:WW2』のSledgehammer Games、スタッフを100名増員予定―現状の1.5倍規模に

Sledgehammer Gamesの最高執行責任者Andy Wilson氏は、同スタジオの開発スタッフを100名増員する予定があることをVentureBeatのメールインタビューにて明かしました。

Wilson氏は同インタビューの中で、複数のプロジェクトを推し進めたり、現在200名規模のスタジオ規模を更に拡大することなどについて言及。そして今後一年間で100名の増員予定を明らかにしています。また、フルリモートでの勤務が必須となっている現在でも、2,000以上の応募が来ているとのことです。メールインタビューはこちらから全文を確認できます。

2019年には創立10周年を迎えたSledgehammer Games。『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3』『コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア』『ール オブ デューティ ワールドウォーII』の開発で知られるほか、シリーズ最新作『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』にも開発協力で携わっています。
《S. Eto@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら