ハードコアFPS『Escape From Tarkov』大幅なラグの発生が判明 | GameBusiness.jp

ハードコアFPS『Escape From Tarkov』大幅なラグの発生が判明

Battlestate Gamesのサバイバルシューター『Escape From Tarkov』。現在クローズドベータ中の本作ですが、そのゲーム内のラグを検証したサイトが結果を公表しています。

ゲーム開発 サーバー・ホスティング

Battlestate Gamesのサバイバルシューター『Escape From Tarkov』。現在クローズドベータ中の本作ですが、そのゲーム内のラグを検証したサイトが結果を公表しています。

調査を行ったのは、各種のゲームのネットコードの検証を行っているYouTubeチャンネルBattle(non)sense。調査は、1時間におけるネットトラフィックの総量と、サーバーへのPingなどを踏まえた上で行われました。

結果、ネットトラフィックの総量、サーバーへのPing共にけして他の人気ゲームに劣らないものの、実際のゲームにおけるダメージや銃撃音、移動操作の反映までのラグはなんと他のゲームの何倍にもなっている事が判明。

移動とダメージの反映のラグは平均して400msを超え、最長ではおよそ1000ms = 1秒という形。ハードコアなリアル系の同作であるだけに、激しい操作を要求される場面ばかりではないものの、戦闘で1秒ものラグはけして見逃せないもの。また、同作はやられてしまった際の装備品のドロップシステムを備えており、ラグなどにより理不尽にやられてしまうことは大きなストレスとなります。

ニュースを報じるPolygonがBattlestate Gamesへとコメントを求めた所、同社はこの検証結果は標準のものではないものの、『Escape From Tarkov』にはアップデートが必要である旨を返答しました。

更に同社は「私達は現在ネットワークの改善を、継続的かつ細心の注意を払って進行中です。ほぼすべてのパッチには、ネットワークの調整やネットワークエラーの修正が含まれています。我々は全ての重大な問題を認識しており、それは現時点でEFT開発の最も困難な部分です」とコメント。

ネットワークインフラストラクチャの定期的な再設計とメンテナンスの必要性を語るとともに、同作のマッチメーカーの改善と、世界中への新サーバーの追加によってプレイヤーのPingを減らす方策も予定しているとしました。

『Escape From Tarkov』は事前パッケージ購入者向けのクローズドベータ中。オープンベータの開始も近日予定されています。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら