『PUBG』1月度チーターBAN数は100万件以上に―新チート対策開始は延期に | GameBusiness.jp

『PUBG』1月度チーターBAN数は100万件以上に―新チート対策開始は延期に

ゲーム開発 その他


PUBG Corp.の人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』。同作PC版に現時点で採用されているチート対策ソフト「BattlEye」の公式Twitterは、1月度のチーターのBAN数が100万件以上に達していることを報告しています。

報告による『PUBG』1月度チーターBAN数は、1,044,000件と、実に104万件にもなる数。更に報告では、チーターの数はなおも増加傾向にあるとしています。『PUBG』において依然として続くチーターの横行は、大きな問題として同作のユーザー評価に大きな影を落としてしまっている形です。また、同作ディレクターPLAYERUNKNOWN氏が、海外インタビューにて「中国からの接続がチーターのほぼ全てを占めている」という旨を発言したあおりを受け、大規模な中国プレイヤー排斥運動に発展しているなど、それ以外の問題も引き起こしています。





PUBG Corp.は、近日新たなチート対策システムの追加導入を行うと表明しており、この新チート対策がどの程度の効果を挙げられるのかが今後の大きな試金石になると予想されます。

※ UPDATE(2018/2/6 10:50):新チート対策延期に伴い本文を更新致しました。

『PUBG』1月度チーターBAN数は100万件以上に―新チート対策開始は延期に【UPDATE】

《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら