『PUBG』チャリティー大会参加者にチートの疑い―見えない敵に手榴弾を… | GameBusiness.jp

『PUBG』チャリティー大会参加者にチートの疑い―見えない敵に手榴弾を…

海外メディアより、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』チャリティーイベントの大会中にチート行為を行ったとみられるプレイヤーが報告されています。

文化 その他


海外メディアより、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』チャリティーイベントの大会中にチート行為を行ったとみられるプレイヤーが報告されています。

この映像は海外で1月28日から2月2日まで開催されている「PUBG Extra Life Charity Marathon」で繰り広げられたマッチを収めたもの。解説者にピックされているプレイヤーは、本来見えないはずのプレイヤーに向けてグレネードを投げたり、木を見つめながら狙いをつけるなど、不審な動きを見せました。解説者からも疑問の声が飛び、TwitchのチャットユーザーからもKickを求めるコメントが寄せられていたようですが、対応が間に合わなかったとのことです。

先日には「仲間をすぐさま蘇生する新種チート」が報告されていた『PUBG』ですが、2月1日付のライブサーパーアップデートでは新チート対策システムなどを導入。Steamでも最大規模のプレイヤー数を集める人気作品だけあり、今後も更なる対応が求められそうです。
《キーボード打海@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら