セガゲームス、マーベラスや日本一など他社タイトルのアジア販売ライセンスを獲得 | GameBusiness.jp

セガゲームス、マーベラスや日本一など他社タイトルのアジア販売ライセンスを獲得

セガゲームスは、アクアプラス、日本一ソフトウェア、マーベラス、メディアスケープが開発した家庭用ゲームソフト計7タイトルのアジアでの販売ライセンスを獲得したと発表しました。今後、国産タイトルの海外での販売を推し進めていくということです。

企業動向 発表

セガゲームスは、アクアプラス、日本一ソフトウェア、マーベラス、メディアスケープが開発した家庭用ゲームソフト計7タイトルの、アジアでの販売ライセンスを獲得したと発表しました。

アジアでの販売については、同社が対象ソフトの繁体字・ハングルへの翻訳を行い、子会社や現地パートナーを通じて、当該のアジア地域での宣伝から販売、カスタマーサポートを行います。

セガゲームスは2016年8月に現地子会社との連携のもと、日本のソフトメーカーとして初めて台湾での自社開発ソフトの直販を開始したほか、2017年11月にはPlayStation 4、Xbox One用ソフトを台湾企業と共同で初めて中国本土で発売するなど、アジア地域でのセールスに注力。すでに2017年5月には、日本一ソフトウェアが開発したPS4ソフト5タイトルのアジア地域での販売ライセンスを獲得し、販売をスタートしており、今回の発表はその取り組みに続くものとしています。

今後も、プラットフォームやメーカー、開発規模の大小問わず、旧作を含めて国産タイトルの海外販売を推し進めていくということです。

■対象タイトル


  • 『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』(アクアプラス)
  • 『うたわれるもの 偽りの仮面』(アクアプラス)
  • 『うたわれるもの 二人の白皇』(アクアプラス)
  • 『プロジェクト・ナイトメアproject Nightmare(仮称)』(日本一ソフトウェア)
  • 『閃乱カグラ Burst Re:Newal』(マーベラス)
  • 『Fate/EXTELLA LINK』(マーベラス)
  • 『不思議の幻想郷TOD -Reloaded-』(メディアスケープ)
《さかまきうさろーる》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら