セガゲームスの小玉理恵子プロデューサー、Game Developers Choice Awardsで日本人3人目のThe Pioneer Awardを受賞 | GameBusiness.jp

セガゲームスの小玉理恵子プロデューサー、Game Developers Choice Awardsで日本人3人目のThe Pioneer Awardを受賞

Game Developers Choice Awards」(GDCA)のオーガナイザーは、セガゲームスの小玉理恵子氏を第19回Game Developers Choice Awardsの“The Pioneer Award”の受賞者にすることを発表しました。

その他 イベント
『SEGA AGES』開発チームと。右が小玉氏。

世界最大のゲーム開発者会議「Game Developers Conference」(GDC)内で開催されるゲーム開発者によるゲームアワード「Game Developers Choice Awards」(GDCA)のオーガナイザーは、セガゲームスの小玉理恵子氏を第19回Game Developers Choice Awardsの“The Pioneer Award”の受賞者にすることを発表しました。

GDCAのThe Pioneer Awardは初期にはリスクを恐れず飛び込んだ最初のペンギンの例えから“First Penguin Award”と称され、ゲーム業界において道を切り開いた開拓者のゲームクリエイターに贈られます。過去にはアクティビジョンの創業者、ValveのGabe Newll氏、『プリンス・オブ・ペルシャ』のクリエイターのJordan Mechner氏、『マインクラフト』のMarkus "Notch" Persson氏らが受賞しています。日本人の受賞者は2002年に七音社の松浦雅也氏(『パラッパラッパー』などを開発)、2010年に元セガ・現YSNetの鈴木裕氏が受賞しており、小玉氏は3人目になります。

鈴木裕氏の代表作『アウトラン』『バーチャレーシング』
(いずれもスイッチ『SEGA AGES』のラインナップ、『アウトラン』は配信中、『バーチャレーシング』は配信予定)

小玉氏は1984年にセガ・エンタープライゼスに入社、『チャンピオンボクシング』がデビュー作になります。その後、セガ・マークIIIのタイトルを手掛け、『アレックスキッドのミラクルワールド』『ファンタシースター』などのヒット作を手掛けます。

『アレックスキッドのミラクルワールド』(スイッチ『SEGA AGES』で配信予定)

『ファンタシースター』(スイッチ『SEGA AGES』で配信中)

メガドライブ時代では『獣王記』『ファンタシースターII』『アレックスキッド 天空魔城』などを手掛け、メガドライブの代表的ゲームである『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』にも参加、『ファンタシースター 千年紀の終わりに』ではディレクターを務めます。

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』(スイッチ『SEGA AGES』で配信中)

セガサターン時代は『魔法騎士レイアース』や『ディープフィアー』を担当。2000年にセガの開発部門が分社した際にはオーバーワークス(のちセガワウ)に所属し、『エターナルアルカディア』(ドリームキャスト/ゲームキューブ)をプロデュースしました。

その後ニンテンドーDS/PSP向けの『セブンスドラゴン』シリーズをプロデュース、現在はスイッチ向けの『SEGA AGES』シリーズにおいてリードプロデューサーを担当しています。

スイッチ『SEGA AGES』の最新作はアーケード版『ぷよぷよ』(近日配信予定)

数多くのセガの名作タイトルの開発に携わっており、しかも現在でも活躍を続けている女性クリエイターとしての受賞となりました。

「Game Developers Conference」は3月18日から22日までアメリカ・サンフランシスコで開催、「Game Developers Choice Awards」授賞式は3月20日に開催されます。

(C) SEGA
《岩井省吾@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら