ドイツにて『Counter-Strike: Source』『Half-Life 2』の暴力表現が解禁―初代『Half-Life』『Team Fortress 2』に続き | GameBusiness.jp

ドイツにて『Counter-Strike: Source』『Half-Life 2』の暴力表現が解禁―初代『Half-Life』『Team Fortress 2』に続き

産業政策 法規制

ドイツにて『Counter-Strike: Source』、『Half-Life 2』の暴力表現が解禁―初代『Half-Life』、『Team Fortress 2』に続き
  • ドイツにて『Counter-Strike: Source』、『Half-Life 2』の暴力表現が解禁―初代『Half-Life』、『Team Fortress 2』に続き
海外メディアPCGamesNは、ドイツにおいてValveの人気FPS『Counter-Strike: Source』、『Half-Life 2』の暴力表現規制が撤廃され、他国と同一のものになったと報じています。

これは、海外掲示板Redditにてユーザーによって指摘されていた内容。指摘によれば、Steamのデータベースより、双方のタイトルから暴力表現を低減するためのオプション指定が消されているとのことです。暴力表現に対し非常に厳しい対応を行ってきたドイツですが、2017年4月には初代『Half-Life』、同年12月には『Team Fortress 2』の暴力表現が解禁されており、以前と比べると多少柔軟になっているのかもしれません。一方『Left 4 Dead』『Left 4 Dead 2』については依然として暴力表現規制がなされたままであり、こちらも解禁を望むファンは少なくありません。

なお、今回の規制撤廃により“The Orange Box”収録タイトルについては全てオリジナルの表現でゲームをプレイすることが可能です。

ドイツにて『Counter-Strike: Source』、『Half-Life 2』の暴力表現が解禁―初代『Half-Life』、『Team Fortress 2』に続き

《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら