Take-Two会長、ルートボックスについて合法性を主張―「ギャンブルではない」 | GameBusiness.jp

Take-Two会長、ルートボックスについて合法性を主張―「ギャンブルではない」

ゲーム開発 その他

Take-Two会長、ルートボックスについて合法性を主張―「ギャンブルではない」
  • Take-Two会長、ルートボックスについて合法性を主張―「ギャンブルではない」
欧米において大きな議論を巻き起こしているゲームの“ルートボックス”。その存在について、『Grand Theft Auto V』など多数のAAAタイトルで知られるパブリッシャーのTake-Two Interactiveの会長、Karl Slatoff氏が発言を行っています。

海外メディアGame Informerによれば、Slatoff氏はクレディスイス第21回メディア・テレコムカンファレンスを通し、“ルートボックス”はギャンブルではないと主張しながら、米国ゲーム団体ESA(Entertainment Software Association)とほぼ同じで見解であると述べたということです。

Slatoff氏は消費者の間で広がる“ルートボックス”の評判を認めながらも、自身にとってそれは「コンテンツ内容についての評判」であり、「過剰に提供している(ルートボックス関連の)コンテンツ」が焦点であるとしました。

また、氏は、「企業はユーザーに何かを買うことを強制させることはできない」と感じているものの、「エンゲージメントを促進するための最高の経験を生み出す、最善の努力を行うことはでき、エンゲージメントを通じて、エンターテインメントフランチャイズの価値を創造する事が可能である」と話しました。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら