人種差別用語の常習が原因か?人気YouTuber、開発者から動画取り下げ要請される | GameBusiness.jp

人種差別用語の常習が原因か?人気YouTuber、開発者から動画取り下げ要請される

文化 その他


ゲームのライブストリーミング配信で知られる人気ユーチューバーPewDiePie。これまでにも、その素行などを原因として、様々な騒動を引き起こしてきたのはGame*Spark読者の方にはご存じの方も多いでしょう。その素行の悪さが、今度は一部デベロッパーをも怒らせてしまったようです。


今回行動を起こしたのは、人気アドベンチャー『Firewatch』で知られるCampo SantoのSean Vanaman氏。Vanaman氏は自身のTwitter上にて、PewDiePieが配信中に多用する人種差別用語に触れ、「この子供が私達の作ったものを通じてお金を得ることにうんざりしています。彼は身近な人種差別者よりも悪質で、この産業の周辺文化に本当のダメージを与える卑劣なゴミの布教者だ。」と発言。『Firewatch』及び、将来の全てのCampo Santoタイトルの、PewDiePieによる配信に対しDMCAによる著作権侵害を訴え、映像を取り下げさせると表明しました。

その後PewDiePieは直接DMCAによる著作権侵害の訴えを受けたものかは不明ながら、自身の『Firewatch』プレイ映像をYouTubeより削除。本記事執筆時点ではこの映像削除についてVanaman氏及びPewDiePieいずれからも、公式な表明は行われていません。

『Firewatch』開発がPewDiePieへ動画取り下げ要請―人種差別用語の常習が原因

《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら