Pepper、Androidに対応 開発者向けに7月から提供開始 | GameBusiness.jp

Pepper、Androidに対応 開発者向けに7月から提供開始

その他 その他

ソフトバンクロボティクスは19日、人型ロボット「Pepper」がAndroidに対応したことを発表した
  • ソフトバンクロボティクスは19日、人型ロボット「Pepper」がAndroidに対応したことを発表した
  • 開発者向けの新モデルではPepperの胸部ディスプレイがAndroid搭載に
  • ソフトバンクロボティクス 代表取締役社長の冨澤文秀氏は「AndroidのSDKでPepperのアプリケーションを直接作成できるようになる」と紹介した
  • Pepper、Android対応に!開発者向けに7月発売
  • ソフトバンクロボティクス プロダクト本部 取締役本部長の蓮実一隆氏は「爆発的に使い勝手が飛躍して、Pepperがさらに面白くなる」とアピールする
  • Android上でロボアプリの開発が可能になる「Pepper SDK for Android Studio」も提供開始
  • Pepperの視点からの眺めがスマートフォンを覗いた先に見える「Google Cardboard」
  • デモの様子。Pepperの視点からの眺めがスマートフォンを覗いた先に見える
 ソフトバンクロボティクスは19日、人型ロボット「Pepper」がAndroidに対応したことを発表した。Androidのアプリ開発者に向けたモデルを7月より先行販売する。

■開発者の数は100倍に

 ソフトバンクロボティクスでは、Androidに対応させることで世界中のデベロッパーがロボットアプリの開発に参入することを期待している。登壇したソフトバンクロボティクス 代表取締役社長の冨澤文秀氏は「開発者の数が100倍になる」と期待感をにじませた。なお7月のAndroid対応Pepperの発売に先立ち、Androidのプラットフォーム上でロボアプリの開発が可能になる新しいソフトウエア開発キット「Pepper SDK for Android Studio」(ベータ版)が19日より提供開始されている。

 開発者向けの新モデルではPepperの胸部ディスプレイがAndroid搭載となるほか、Pepperに搭載されている「NAOqi(ナオキ) OS」との連携も容易になっている。ちなみに従来のSDKである「Choregraphe(コレグラフ)」も引き続き提供されるとのことで、Choregrapheで開発したロボアプリはAndroidに対応したPepperでも利用可能だという。また、これまで一般向けに販売されてきたPepperも、今後のアップデートでAndroidに対応させる予定だ。

 同社ではGoogle Playを通じてロボットアプリを展開することも視野に入れている。折しも、米国では現在「Google I/O 2016」が開催中だが、この会場においてもPepperとAndroidのセッションが予定されているという。

 冨澤氏は「ふたつのプラットフォームが組み合わされると、価値が大きく上がる。今後はソフトバンクらしく、市場と対話しながら価値あるものを追求していきたい。2020年の東京オリンピックの頃には、やっぱり日本はすごい、と皆をあっと驚かせるものを提供する」と意気込んだ。

■Pepperがさらに面白くなる

 続いて、ソフトバンクロボティクス プロダクト本部 取締役本部長の蓮実一隆氏が登壇して詳細を説明した。既述の「Android Studio」は、Pepperがいない環境でも専用アプリを開発できる。これについて蓮実氏は「ロボアプリの開発に必要なツールがすべて詰まっている。環境構築から開発、リリースまで対応できる」と説明した。

 ここで舞台上では、Pepperの視点からの眺めがスマートフォンを覗いた先に見える「Google Cardboard」や、手のジェスチャーを認識してPepperが反応する「Google TensorFlow」(機械学習ライブラリ)など、Googleの技術とPepperのアプリが連携したいくつかのデモが披露された。今回の取り組みについて、蓮実氏は「爆発的に使い勝手が飛躍して、Pepperがさらに面白くなる」とアピールしていた。

■開発者のイマジネーションに期待

--- Pepperの開発者が100倍に増えると期待されているが、現在PepperとAndroidでは、そのくらいの開発者がいるのか。

冨澤氏「Pepperは数千、Androidは数十万のデベロッパーがいると認識している」

--- iOSへの対応は?

蓮実氏「現在は未定」

--- Androidと連携することで、どんなアプリが開発できそうか。

蓮実氏「例えば、胸のタブレットでYouTubeの音楽動画を流して、その音楽に合わせてPepperが踊るといったことが容易になる。カレンダーのスケジュールをPepperが読み上げる、なんてことも。つまりGoogleの世界とPepperの世界を簡単に融合できるようになるということ。開発者の方のイマジネーションに期待したい」

--- 今後の展開を見据えたとき、今回の連携にはどんな意味合いがあるのか。

冨澤氏「IBM、マイクロソフト、GoogleといったITジャイアントと連携していく。その中心にPepperを置くことで、Pepperのバリューが上がり、ひいては大きな進歩につながると考えている」

--- どんなビジネスモデルを思い描いているのか。

蓮実氏「SDKは無料でダウンロードできるようにした。アプリへの課金なども考えていない。どこで儲けるか、いまこの段階では具体的には何も決めていない。まずはPepperを行き渡らせることを最優先にしている。将来的には、アプリのマージンなども考えていくかも知れない」

--- いつ頃から、どういった流れで今回の連携に行き着いたのか。

冨澤氏「数カ月前、Googleの幹部と東京で会った際にPepperを紹介して、“一発で刺さった”というのが始まり。それ以後、お互いにチームをつくり連携を協議してきた」

Pepper、Android対応に!開発者向けに7月発売

《近藤謙太郎》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら