ソフトバンクとマイクロソフトがロボット分野で協業 | GameBusiness.jp

ソフトバンクとマイクロソフトがロボット分野で協業

その他 その他

「Pepperだらけの携帯ショップ」イメージ図
  • 「Pepperだらけの携帯ショップ」イメージ図
  • Pepperにはさまざまなセンサーが搭載されている
  • 「Surface Pro 4」
  • 「Surface Hub」
 ソフトバンクロボティクスと米マイクロソフトは8日、「クラウドロボティクス」分野における戦略的協業を発表した。

 「クラウドロボティクス」は、ロボットの制御、センサーからのデータ蓄積、各種分析や判断を、ロボット側ではなくクラウドにより行うものだ。これにより、複数ロボットの学習共有、ビッグデータ分析とその応用、さらに高度な人工知能制御といった技術が可能になる。

 今回両社は、人型ロボット「Pepper」とクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」などを活用し、次世代のクラウド対応ロボットを実現し、次世代型店舗ソリューション「未来の商品棚(仮称)」を共同で構築。2016年秋から日本での提供を目指す。

 この次世代型店舗ソリューションでは、マイクロソフトの大画面デバイス「Surface Hub」、2in1デバイス「Surface」も活用。店頭での顧客行動やPOS売上などの膨大なデータを取得し、クラウドで解析。顧客ニーズに沿った商品をSurface HubやSurface上で表示したり、Pepperが提案したりする。店舗での接客を重ねることで、Azure IoT Suiteの機械学習により、より適切な「おもてなし」が実現できる見こみだ。

 今後は、「Pepperだらけの携帯ショップ」(3月24日~30日の期間、東京都港区に開店)にて、本ソリューションの実証実験を実施。以降も、Microsoft Translatorによる多言語対応の導入、PepperとMicrosoft Azure上で提供される顔や音声の認識技術、マイクロソフトのパーソナルアシスタント「Cortana」との組み合わせなどを検討する。

PepperとSurfaceの合体も!? ソフトバンクとマイクロソフトが協業

《冨岡晶》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら