「ディスク販売はこれからも続く」―米大手小売店CEOがゲーム市場の未来語る | GameBusiness.jp

「ディスク販売はこれからも続く」―米大手小売店CEOがゲーム市場の未来語る

市場 デジタル流通

「ディスク販売はこれからも続く」―米大手小売店CEOがゲーム市場の未来語る
  • 「ディスク販売はこれからも続く」―米大手小売店CEOがゲーム市場の未来語る
  • 「ディスク販売はこれからも続く」―米大手小売店CEOがゲーム市場の未来語る
米国の大手ゲーム小売店GameStopのPaul Raines CEOは海外メディアインタビューを通して、ゲームのディスクパッケージ販売について「これからも存続していくだろう」とのコメントを述べました。

PlayStation NetworkやXbox Games Storeに加え、Steamなどゲーム配信サイトの隆盛も目立つ昨今のゲーム市場ですが、Fortuneが行ったインタビューによれば、GameStopでCEOを務めるPaul Raines氏は「ディスク媒体のゲームはこれからも存続していく」「最悪のシナリオがやってきたとしても、長い間続いていく」と見込んでいるとのこと。GameStopはデジタル販売形態にも力を注いでいるものの、2015年4月には大作ゲームタイトル販売数のうち「88%がパッケージ版」「12%がダウンロード版」というデータを示していました。

また、GameStopは店舗限定エディションの販売のほか、レトロゲームを含む中古販売にも視線を向けています。Raines氏は音楽/映画市場のディスク販売数が著しく落ちている例を挙げながらも、デジタル/フィジカル販売の両サイド、そしてVR作品を含めた市場展開を強く意識しています。
《subimago》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら