グリー、米国法人で30%のスタッフをレイオフ | GameBusiness.jp

グリー、米国法人で30%のスタッフをレイオフ

企業動向 リストラ

グリー、米国法人で30%のスタッフをレイオフ
  • グリー、米国法人で30%のスタッフをレイオフ
VentureBeatは、グリーの米国法人GREE Internationalが30%のスタッフをレイオフしたと報じました。同社COOのAndrew Sheppard氏もこの報道を確認したとのこと。

影響を受けたのはサンフランシスコのオフィスのみですが、30%が具体的に何人になるかは明らかにされていません。幾つかのプロジェクトが影響を受けたとしています。グリーは先月にはカナダのバンクーバースタジオを閉鎖するなど海外市場での再編にも取り組んでいます。

AppAnnieの米国iOSトップセールスチャートによれば、ゲームカテゴリでグリー関連は95位の『War of Nations』(Funzio)が最高位で、苦戦が伺えます。トップ5は『Clash of Clans』(スーパーセル)、『Game of War - Fire Age』(MachineZone)、『Candy Crush Saga』(King)、『Boom Beach』(スーパーセル)、『Cnady Crush Soda Sage』(King)という面々です。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら