モノビット、MO系ゲームを簡単に制作できる「モノビットMOエンジン for Unity」を無料公開 | GameBusiness.jp

モノビット、MO系ゲームを簡単に制作できる「モノビットMOエンジン for Unity」を無料公開

その他 その他

株式会社モノビット  が、MO系ゲームを簡単に制作できる自社開発エンジン「モノビットMOエンジン For Unity」の無料公開を開始した。ダウンロードは  こちら  から。
  • 株式会社モノビット  が、MO系ゲームを簡単に制作できる自社開発エンジン「モノビットMOエンジン For Unity」の無料公開を開始した。ダウンロードは  こちら  から。
株式会社モノビットが、MO系ゲームを簡単に制作できる自社開発エンジン「モノビットMOエンジン For Unity」の無料公開を開始した。ダウンロードはこちらから。

「モノビットMOエンジン for Unity」は、極小パケット同期技術で多人数対戦を実現したゲームエンジンで、通信制限のあるモバイル通信環境でも安定した多人数同期通信を実現している。またクライアント同時駆動型ゲームエンジン搭載で、ゲーム処理エンジンがサーバーとクライアントで平行駆動しているため、プレイヤーの入力をそのフレーム内で反映し、素早いレスポンスが可能となっている。

ゲームルール部分は全てスクリプト言語で書き換えが可能なため、MOBAやMO以外のジャンルのゲームも製作可能。複数シーン制御機能も搭載されているため、複数のシーンを連結することでMMORPGの広大なフィールドも表現できる。さらにサーバー側で全てのゲーム内容を処理し、正しい結果のみを全端末に配信を行うことで、チート行為対策も行える。さらにLinux系OSでも稼動が可能なので、サーバコストを安価に抑えることができるのも特徴の一つ。

ゲームの制作に必要となる基本部分がまとめてパッケージ化されているため、初めてゲーム開発に取り組む人も簡単にゲーム制作を行うことができる。

《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら