D2C、スマホゲーム事業を引き継ぐ100%子会社「株式会社ブループリント」を設立 | GameBusiness.jp

D2C、スマホゲーム事業を引き継ぐ100%子会社「株式会社ブループリント」を設立

その他 その他

株式会社D2Cが、戦略的スマートフォンゲーム事業を展開する100%子会社の株式会社ブループリントを設立した。

D2Cは2011年より、主にスマートフォン向けゲームを中心にゲームパブリッシング事業を展開しており、累計1,500ダウンロードの実績を有している。今回、その実績とノウハウを元にゲーム事業を担っていた「ゲーム事業本部」を子会社化し、戦略的なゲーム事業を展開するブループリントを設立したという。今後ブループリントでは、iOS/Android向けゲームのパブリッシングやパートナー企業のマーケティング支援及びパブリッシングサポート、海外市場に向けた国内のゲームアプリのパブリッシング支援を行っていくとのこと。会社概要は以下のとおり。

会社名: 株式会社ブループリント (英語名: BLUE PRINT Inc.)
所在地: 東京都港区東新橋 1-9-2 汐留住友ビル 18F
設立年月日: 2015 年 4 月 1 日
営業開始日: 2015 年 5 月 1 日
代表者: 代表取締役社長 渡具知 直也
(前職:D2C ゲーム事業本部長)
資本金: 1 億 3,000 万円
株主: 株式会社 D2C (100%出資)
事業内容: スマートフォンゲーム事業
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら