『パックマン』『ゼビウス』などのカタログIPオープン化プロジェクト4月下旬開始…全17タイトル | GameBusiness.jp

『パックマン』『ゼビウス』などのカタログIPオープン化プロジェクト4月下旬開始…全17タイトル

その他 その他

バンダイナムコゲームスは、カタログIP(バンダイナムコゲームスがこれまでに展開したオリジナルIP)を国内のクリエイターへ開放するオープン化プロジェクトを、4月下旬より開始することを発表しました。

このプロジェクトは、2015年にバンダイとナムコが統合して10周年を迎えることを記念して行われるもの。対象となるのは「パックマン」「ギャラクシアン」「ゼビウス」「マッピー」など全17キャラクターで、通常の版権許諾とは異なりキャラクター監修は行われず、簡易的な企画審査のみでコンテンツ提供が可能になります。スマホアプリやブラウザゲームなど、デジタルコンテンツの領域で活用されることを想定しているとのこと。

バンダイナムコゲームスは、自社IPを多くのクリエイターのアイデアによりUGC(User Generated Contents、ユーザー生成コンテンツ)展開することで、ネットワークエンターテインメントのさらなる事業領域の拡大を目指していきます。

■オープン化対象タイトル※2015年3月末現在
・パックマン
・ギャラクシアン
・ゼビウス
・マッピー
・ギャラガ
・ディグダグ
・ドルアーガの塔
・バトルシティ
・スターラスター
・バベルの塔
・ワルキューレの冒険
・スカイキッド
・ドラゴンバスター
・妖怪道中記
・源平討魔伝
・ワンダーモモ
・ワギャンランド

■本プロジェクトへの申請・お問い合わせ
カタログIP オープン化プロジェクト事務局:id@bandainamcoent.co.jp
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら