ブリザードが米国赤十字に190万ドル寄付―『WoW』有料ペットでエボラ支援に協力 | GameBusiness.jp

ブリザードが米国赤十字に190万ドル寄付―『WoW』有料ペットでエボラ支援に協力

その他 その他

Blizzard Entertainmentは、同社提供タイトル『World of Warcraft』向けに配信した新ペット「Argi」のセールスが190万ドルに達したと発表しました。また、その売上の全額はアメリカ赤十字社へと寄付されるとのことです。

「Argi」は2014年12月より『WoW』プレイヤー向けに発表されていた、キュートなルックスを持つ有料ペットです。発表の際からエボラ出血熱の患者達を支援する目的で、その売上の100%をアメリカ赤十字社へ寄付することが伝えられていました。Blizzardは、その寄付金が日本円で2億円以上に上ったことを発表しながら、『WoW』ユーザーコミュニティーや協力に参加ユーザーに向けて感謝の意をコメントしています。

「Argi」はBattle.net内ストアページにて、現在もリリースを継続しています。販売価格は10ドルです。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら