中国アリババがOuyaに1000万ドルの資金援助か、事情通がWSJに語る | GameBusiness.jp

中国アリババがOuyaに1000万ドルの資金援助か、事情通がWSJに語る

その他 その他

Ouyaが、中国のeコマース企業Alibaba社から1000万ドルの資金注入を受けたとの情報が、海外大手経済メディアThe Wall Street Journalの報道より伝えられています。

元IGNトップのJulie Uhrman氏やKindleを手掛けたMuffi Ghadiali氏などが開発に関わってきたことで知られるゲームコンソール「Ouya」。WSJは“事情通”を通して、Alibaba社提供のセットトップボックスへ「Ouya」の機能が組み込まれる可能性に注目しながら、Ouya社が1000万ドルほどの資金を受け取ったことについて報道しています。現在、これについてOuya社とAlibaba社からの明確なコメントは届けられていない模様です。

長らく続く販売状況への不安視が拭い切れないOuyaですが、昨年9月にはGoogleやAmazonへの「身売り検討」も噂されていました。Alibaba社のセットトップボックスに「Ouya」のシステムが採用されるかは定かでありませんが、市場開拓による新たな発展が期待できるかもしれません。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら