Ouyaが中国企業アリババと提携、新たな市場に挑むCEO曰く「中国はゲーム機業界を導くかもしれない」 | GameBusiness.jp

Ouyaが中国企業アリババと提携、新たな市場に挑むCEO曰く「中国はゲーム機業界を導くかもしれない」

その他 その他

Ouya社が中国のeコマース企業アリババ社より資金投資を受け、Alibabaが提供するテレビ向けプラットフォーム「YunOS」へOuyaのゲームライブラリを追加することが発表されました。

先日にはAlibabaから1000万ドルの資金援助を受けたとして、海外メディアを中心に話題となっていたOuya。同社の発表によれば、今後はアリババと提携して業務を行い、ゲームコンソールOuyaのライブラリをアリババのセットトップボックス“Tmall”へと導入するとのことです。Ouya社CEOのJulie Uhrman氏からは、「中国のように米国による重荷がないマーケットは、今後10年でゲームコンソール業界のリーダーとなるかもしれません。Ouyaもそのような存在になりたいです」と、新たな市場開拓に対する意気込みが伝えられています。

外国製ゲーム機の販売禁止措置が解除され、様々なゲームハードがひしめく現在の中国ゲーム市場。異色コンソールとして登場したOuyaがテレビ向けのプラットフォームと提携し、どのような角度からマーケットに斬り込んで行くのか、今後の動向から目が離せません。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら