『Vainglory』のSuper Evil Megacorpがアリババ傘下のアリスポーツと協業―WESGで大会開催へ | GameBusiness.jp

『Vainglory』のSuper Evil Megacorpがアリババ傘下のアリスポーツと協業―WESGで大会開催へ

企業動向 発表

モバイル向けMOBAゲーム『Vainglory』を展開するSuper Evil Megacorpは、アリババグループ傘下のアリスポーツと協業を発表しました。

先日、5vs5の新モードを実装するなど、進化を続けてきた『Vainglory』。発表によれば、今回の協業で、アリスポーツが開催するグローバルe-Sports大会であるWorld Electronic Sports Games(WESG)の2018年度大会にて、『Vainglory』の大会が開催されるとのことです。

同大会でモバイルタイトルが選出されるのは、今回が初となり、『Counter-Strike: Global Offensive』『Dota 2』『ハースストーン』『Starcraft II』といったタイトルと併催される予定です。
《kuma@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら