YouTube検索で『Minecraft』が2位に、盛り上がるゲームコンテンツ | GameBusiness.jp

YouTube検索で『Minecraft』が2位に、盛り上がるゲームコンテンツ

その他 その他

ユーザーによる投稿や企業によるプロモーションビデオなど、多数の映像コンテンツを配信するYouTube。親会社であるGoogleは、YouTubeコンテンツのトップ検索ワードを公開しました。

YouTubeトップ検索ワードは、Think with Googleの「ゲームコンテンツはニッチだと思う?(Think Gaming Content Is Niche?)」というレポートで明らかになったもの。同レポートではYouTubeで盛り上がるゲームコンテンツに焦点をあてて分析しています。



YouTubeでのトップ検索は、1位となる「Music」コンテンツの100%を基準に表されています。2位の『Minecraft』が75%と、3位の「Movies」を30%も上回る圧倒的な人気ぶりを発揮。全プラットフォーム累計で5000万本以上を売り上げた伝説級のインディータイトル『Minecraft』は、YouTubeにおいても驚くべき記録を残しています。

また、「ドレイク」や「ビヨンセ」といったミュージシャンに並び、7位にはトップYouTuberの「PewDiePie」がランクイン。YouTubeでゲームコンテンツがどれほどの影響力を持っているかがわかる結果となりました。

その他、レポートでは急成長を遂げているカテゴリとしてe-Sportsをあげ、プロスポーツと同様に有名な選手やファン、チームユニフォームやプレイオフなど、多くの要素を持っていると紹介しています。

Googleの調査によると、これらのコンテンツはゲーマーだけではなく一般視聴者も多く存在しているとのこと。また、視聴者の多くはクリエイターの「反応」や「解説」を求めていると伝えています。例えば、ゲーム下手な上にさほど興味のないコナン・オブライエンが贈る「Clueless Gamer」シリーズは、独特な解説と反応が人気を呼んでいるようです。

一種の娯楽コンテンツとして昇華しつつあるゲーム映像配信。いったいどれほどの成長を見せるのか、今後の展開に注目です。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら