LINE、大手出版社3社と「LINE マンガ」のグローバル展開を目的とした合弁会社「LINE Book Distribution」を設立 | GameBusiness.jp

LINE、大手出版社3社と「LINE マンガ」のグローバル展開を目的とした合弁会社「LINE Book Distribution」を設立

その他 その他

LINE株式会社が、株式会社講談社株式会社小学館株式会社メディアドゥの3社と資本業務提携を行い、コミックを中心とするデジタルコンテンツ配信のグローバル展開を推進するためLINEを含めた4社の合弁事業会社「LINE Book Distribution 株式会社」を発足した。資本金は3億円(資本準備金含む)で、代表にはLINE上級執行役員CSMOの舛田淳氏が就任する。

LINEは2013年4月にスマートフォン向け電子コミックプラットフォーム「LINE マンガ」の国内向けサービスを開始しており、大手出版社をはじめ、約50社以上の出版社・レーベルからコンテンツの提供の協力を受け、現在までに8万点以上のタイトルを提供している。アプリの累計ダウンロード数は800万件を突破し国内最大規模のスマートフォン向け電子コミックプラットフォームへと成長している。

今後LINE Book Distributionでは、LINEがこれまで培った日本国内における「LINE マンガ」の開発・運営基盤及び、アジアをはじめとしたグローバルでの大規模なLINEのユーザーベース、講談社・小学館が持つコンテンツ力、メディアドゥの取次として提供するコンテンツとデジタルコンテンツ配信システムを結集し「LINE マンガ」のグローバル展開を行い、世界に向けて日本のコンテンツの流通を推進していくという。実際のサービス開始は年内を予定しており、講談社・小学館をはじめとした国内出版社・レーベルから提供を受けた作品を、まずは英語と中国語(中文繁体字)で配信するとのこと。合弁事業会社の概要は以下のとおり。

社名:LINE Book Distribution 株式会社
所在地:東京都渋谷区渋谷2−21−1 ヒカリエ27階
資本金:3億円(資本準備金含む)
役員構成:
代表取締役社長 舛田 淳(株式会社LINE 上級執行役員 CSMO)
取締役 大西 豊(株式会社小学館 取締役 デジタル事業局担当)
取締役 吉羽 治(株式会社講談社 国際事業局長兼デジタルビジネス局長)
取締役 溝口 敦(株式会社メディアドゥ 取締役 事業統括本部長)
取締役 出澤 剛(LINE株式会社 代表取締役 COO)
取締役 田中 健一(LINE株式会社 財務経理室 副室長)
取締役 森 啓(LINE株式会社 LINEコンテンツ事業部 事業部長)
監査役 山本 治(株式会社メディアドゥ 取締役 経営企画室長兼管理本部長)
監査役 落合 紀貴(LINE株式会社 執行役員)
主な事業内容:「LINE マンガ」グローバル版の運営、デジタルコンテンツ配信サービス等
株主:講談社、小学館、メディアドゥ、LINE(50音順)

【提供予定サービス】
サービス名:「LINE マンガ」グローバル版
提供言語:英語・中国語(繁体字)(スタート時)
提供時期:年内予定
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら