EAが英国のサッカー1部リーグ「プレミアリーグ」との契約を19年まで延長 | GameBusiness.jp

EAが英国のサッカー1部リーグ「プレミアリーグ」との契約を19年まで延長

その他 その他

エレクトロニック・アーツは英国のサッカー1部リーグであるプレミアリーグと2018年から2019年のシーズン終了までのライセンス契約を延長したことを発表しました。

今回の発表で、EA Sportsのシリーズ最新作『FIFA 15』では全20チームのスタジアムの再作成や、リーグのベストプレイヤー200人以上の3Dヘッドスキャンを使用し、よりリアルなゲームへと進化を遂げていることを明かしています。

今回の契約ではゴール判定システムのスポンサーシップが含まれており、リーグの公式スポーツテクノロジーパートナーとなるとのこと。FIFA公認のゲームでは初となるゴール判定システムをゲーム内へと実装すると発表しています

EAのCOO Peter Moore氏は「EAスポーツ「FIFA」の中で最も遊ばれているリーグであるプレミアリーグとのパートナーシップの延長を発表できることを非常に嬉しく思っています。真正性とリアリズムは新たなレベルとなり、私達に受賞するゲームをもたらし、ファンはリーグでのドラマや感情に浸ることができるでしょう。」とのコメントを残しています。

国内でも根強い人気を誇る『FIFA』シリーズ。最新作である『FIFA 15』はPC/PS3/PS4/Xbox 360/Xbox One/ PS Vitaを対象に、北米で2014年9月23日、欧州で9月26日、国内では2014年10月9日のリリースを予定しています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら