千葉ロッテマリーンズがストライクカウントに連動した球場広告を開始 第一弾は『モンスターストライク』 | GameBusiness.jp

千葉ロッテマリーンズがストライクカウントに連動した球場広告を開始 第一弾は『モンスターストライク』

その他 その他

株式会社千葉ロッテマリーンズが、本日よりQVCマリンフィールドにてプロ野球界初の試みとなるストライクカウントに連動した球場広告「ストライクフラッシュアド」を開始した。

千葉ロッテマリーンズがストライクカウントに連動した球場広告を開始 第一弾は「モンスターストライク」

この広告は株式会社ミクシィと共に考案・開発されたもので、第一弾事例としてミクシィが提供するスマートフォン向けひっぱりハンティングRPG『モンスターストライク』の広告展開が行われている。

この取り組みは『モンスターストライク』にかけてピッチャーの投球後にストライクカウントが加算される場合、球場内大型ビジョンの「マリンビジョン」にて「モンスターストライク」に関連するメッセージ(サービス名やキャラクター等)を試合毎に変更して掲出するもので、2014年レギュラーシーズン全試合(27試合予定)にて掲出される。概要は以下のとおり。

・名称:ストライクフラッシュアド
・サイズ:高さ2.25m×幅10m
・掲載時期:
2014年8月5日(火)よりQVCマリンフィールドで千葉ロッテマリーンズが主催する2014年レギュラーシーズン全試合(27試合予定)
・掲載条件:
ピッチャーの投球後にストライクカウントが加算される場合
・見逃しストライク
・空振りストライク
・ノーストライクまたはワンストライクからのファールボール
・掲載内容:
球場内大型ビジョンであるマリンビジョンにて「モンスターストライク」に関連
するメッセージ(サービス名やキャラクター等)を掲出
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら