ドイツの大手PCゲーム誌がCrytekの財政難が報道、倒産に直面しているとの言及も | GameBusiness.jp

ドイツの大手PCゲーム誌がCrytekの財政難が報道、倒産に直面しているとの言及も

その他 その他

昨年11月にはXbox One向けの『Ryse: Son of Rome』をリリース、今年3月のGDCでは旗艦となるCryEngineのサブスクリプションモデルを発表するなど、ここ最近も大きな動きを見せているCrytek。現在同社が財政難に陥っており、倒産に直面しているとのニュースをドイツのゲーミングメディアGameStarが独自の情報筋より報じています。

GameStarはIDG Entertainment Mediaがドイツやハンガリーなど欧州を中心に展開しているPCゲーム向けのゲーミング雑誌で、2008年には平均で月25万冊を販売。2013年には新作『SimCity』の開発を先んじて発表したことでも注目を浴びたメディア。今回の情報はこのGameStarのWebサイトにて伝えられたもので、6人の情報提供者らがCrytekは財政難に陥っており、倒産する可能性もあるかもしれないと指摘しています。

WebサイトDSOGamingなどでは今回の記事をさらに詳細に伝えており、今年3月に発表されたCryEngineのサブスクリプションモデルの反応がGDCでは悪く、予想以上に売り上げが伸びなかった点。また『Ryse: Son of Rome』がスタジオに壊滅的打撃を与え、セールスが目標には到達しなかった点。同社のF2Pタイトル『Warface』がロシアの市場以外で成長を見せず、ほかのF2Pタイトルの試みも順調に進んでいない点。WebベースゲーミングサービスG-Faceが不調である点をGameStarは財政難の理由として報じています。

またCrytekに800人以上の従業員が存在することを挙げたGameStarは、給与の支払い遅延があり、すでにリード格の従業員が国内外の他スタジオへと移籍をスタートしているとも報道。Wargaming含む多くの巨大パブリッシャーがCrytekが倒産し同社のスタッフやIPを買い取ることを見据えているとも伝えました。

件のCrytekを設立したYerli3兄弟の1人であるAvni Yerli氏はGameStarに対し、Crytekに対する現金注入の契約がもうすぐ結ばれることを伝えたほか、これらの噂が同社に不満を持つ元従業員たちがCrytekのイメージを落とすため劇化した話であると反論。「全てが上手くはいっていない。F2Pスタジオへの移行は痛みなしでは行われなかった。だがそれももう過去のことだ」と締めくくっています。

現在は2014年に発売予定の『Hunt: Horrors of the Gilded Age』や2015年にリリースされる『Homefront: The Revolution』を開発中のCrytek。同社のCryEngineは大手からインディーまで多数のデベロッパーが採用しています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら