サイバーエージェント、スマートフォンゲーム提供企業向けDSP「GameLogic」を提供開始 | GameBusiness.jp

サイバーエージェント、スマートフォンゲーム提供企業向けDSP「GameLogic」を提供開始

その他 その他

株式会社サイバーエージェント  が、アドテクノロジー商品の開発・提供を行うアドテクスタジオにてスマートフォンゲーム提供企業の広告効果の最大化を図るスマートフォンに特化したDSP「GameLogic(ゲームロジック)」の提供を開始した。
  • 株式会社サイバーエージェント  が、アドテクノロジー商品の開発・提供を行うアドテクスタジオにてスマートフォンゲーム提供企業の広告効果の最大化を図るスマートフォンに特化したDSP「GameLogic(ゲームロジック)」の提供を開始した。
株式会社サイバーエージェントが、アドテクノロジー商品の開発・提供を行うアドテクスタジオにてスマートフォンゲーム提供企業の広告効果の最大化を図るスマートフォンに特化したDSP「GameLogic(ゲームロジック)」の提供を開始した。

「GameLogic」は、最適な配信ロジックを用いて自動分析・自動学習を行うスマートフォンゲーム提供企業に特化した広告取引プラットフォーム。独自の広告配信アルゴリズムを元に、目標CPIに合わせた広告配信面・配信ユーザーの精査と価格付けを実現し、ソーシャルゲーム提供企業の広告効果最大化を図るという。

同社ではゲーム提供企業に適した独自の広告配信面を保有しており、またアドテクスタジオが提供するスマートフォンネイティブゲーム特化型のプライベートDMP「GameAudience(ゲームオーディエンス)」と連携することで、ゲームのユーザー定着率・アクション回数、所属ギルドなどのセグメントデータを活用し、新たなターゲティング配信を行っていく。

まずは2014年3月より一部の企業から限定的に配信を開始し、順次販売を拡大していく予定で、2014年3月末までに配信在庫200億imp、2014年9月までに導入アプリ数500アプリを目指すとしている。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら