ゲーム周辺機器メーカーRazerがマイクロソフトと提携―Xbox One向けアクセサリーを提供へ | GameBusiness.jp

ゲーム周辺機器メーカーRazerがマイクロソフトと提携―Xbox One向けアクセサリーを提供へ

その他 その他

Razerは、マイクロソフトとパートナーシップ契約を締結し、Xbox One対応アクセサリーを提供することを発表しました。

このパートナーシップ契約でRazerは、Xbox 360プレミアムアクセサリーシリーズに引き続き、Xbox Oneに対応するコントローラーや、アーケードスティックなどのシリーズを開発します。製品概要、価格、発売日などは近日公開予定です。

また、RazerのCEO、Min-Liang Tan氏のコメントも発表されており、内容は次の通りです。

私どもは、ゲーム機であれPCであれ、ゲーマーの方々が全てのRazer製品にご満足していただけるよう、製品の品質向上に努めて参りました。この度マイクロソフトとパートナーシップを締結できたことで、その目標に向けて更なる一歩を踏み出すことができました。全世界のゲーマーの方々にますますご満足頂ける製品開発に携わるべく、スタッフ一同力を尽くしていく所存でございます。

Xbox 360でRazerは、カスタマイズ可能な「Razer Sabertooth」や、三和電子製部品を使用したアーケードスティック「Razer Atrox Arcade Stick」など開発した他に、Xbox 360で使用可能な、ヘッドセット「Razer Chimaera」を提供しています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら