ニンテンドー3DS本体更新 ― 「Miiverse」や「ニンテンドーネットワークID」に対応、本体引っ越し回数の上限撤廃など | GameBusiness.jp

ニンテンドー3DS本体更新 ― 「Miiverse」や「ニンテンドーネットワークID」に対応、本体引っ越し回数の上限撤廃など

その他 その他

任天堂は、ニンテンドー3DSおよびニンテンドー3DS LLの本体システムバージョン「7.0.0-13J」を配信開始しました。
  • 任天堂は、ニンテンドー3DSおよびニンテンドー3DS LLの本体システムバージョン「7.0.0-13J」を配信開始しました。
  • 任天堂は、ニンテンドー3DSおよびニンテンドー3DS LLの本体システムバージョン「7.0.0-13J」を配信開始しました。
  • 任天堂は、ニンテンドー3DSおよびニンテンドー3DS LLの本体システムバージョン「7.0.0-13J」を配信開始しました。
  • 任天堂は、ニンテンドー3DSおよびニンテンドー3DS LLの本体システムバージョン「7.0.0-13J」を配信開始しました。
任天堂は、ニンテンドー3DSおよびニンテンドー3DS LLの本体システムバージョン「7.0.0-13J」を配信開始しました。

11月に公開された「ちょっと Nintendo Direct」にて発表されていた「ニンテンドーネットワークID」登録や、「Miiverse」への対応などを含むニンテンドー3DSの最新のシステムバージョン「7.0.0-13J」が配信開始となりました。本体機能「本体設定」より行ってください。「7.0.0-13J」への更新による主な変更点は以下の通りです。

■「ニンテンドーeショップ」の更新
「ニンテンドーネットワークID」に対応しました。
※ゲームカードによる更新では、この変更点は含まれません。
※「7.0.0-13J」へ更新される以前に保存されたクレジットカード情報は、更新後に一度削除されます。予めご了承ください。

■「Miiverse」の追加
ニンテンドー3DSで、Miiverseの閲覧や投稿ができるようになりました。

■「ニンテンドーネットワークID設定」の追加
「Miiverse」など一部のネットワークサービスを利用する際に必要なニンテンドーネットワークIDを「本体設定」で作成・登録・設定変更することができるようになりました。

■「ソフトとデータの引っ越し」の更新
ニンテンドー3DS LL/3DS本体同士で引っ越しできる回数の上限をなくしました。

■ソフトの「更新データ」に関する通知機能
新しい「更新データ」が配信されている場合、そのソフトを起動する際に「更新データ」について通知するようになりました。
※「いつの間に通信」を受信できる必要があります。

■HOMEメニューカメラ起動方法の変更
HOMEメニューでのカメラ起動方法を、Lボタン+Rボタンの同時押しに変更しました。

■システムの安定性や利便性の向上
より快適にお楽しみいただけるよう、システムの安定性や利便性を向上いたしました。

ニンテンドー3DSの本体機能更新についてより
(http://www.nintendo.co.jp/netinfo/3ds/JPN/ja.html)

3DSで「ニンテンドーネットワークID」を設定することで、「Miiverse」への投稿のほかにも、Wii Uと3DSで「ニンテンドーeショップ」での残高の共有なども可能となり、ダウンロード購入における利便性がより高まります。ただし、今後「ニンテンドーeショップ」から無料体験版をダウンロードする際に「ニンテンドーネットワークID」が必須となるので、体験版をプレイするユーザーの方はご注意ください。

また、ニンテンドー3DS LL/3DS本体同士で引っ越しできる回数の上限が撤廃されたことにより、限定版本体や新カラーの購入がこれまで以上に気軽になりました。コレクターの方は、お気に入りの本体を気兼ねなく使用することができそうです。

12月10日15時現在、ニンテンドー3DS「ニンテンドーeショップ」への接続が大変不安定になっています。接続ができない方は時間をおいて再度接続を試みてください。

(C)Nintendo
《津久井箇人》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら