任天堂「離着陸時も3DSで遊べる」 ― 米連邦航空局が飛行中の電子機器の使用を認める方針を発表 | GameBusiness.jp

任天堂「離着陸時も3DSで遊べる」 ― 米連邦航空局が飛行中の電子機器の使用を認める方針を発表

その他 その他

FAA(米連邦航空局)が発表した飛行時の電子機器の使用についての見解を受け、米国任天堂が飛行機の離着陸時にもニンテンドー3DSを使用できるとTwitterでアピールしています。
  • FAA(米連邦航空局)が発表した飛行時の電子機器の使用についての見解を受け、米国任天堂が飛行機の離着陸時にもニンテンドー3DSを使用できるとTwitterでアピールしています。
FAA(米連邦航空局)が発表した飛行時の電子機器の使用についての見解を受け、米国任天堂が飛行機の離着陸時にもニンテンドー3DSを使用できるとTwitterでアピールしています。

FAAが機内での電子機器の使用を認める方針を固めたことにより、これまでは禁じられてきた離着陸時の使用が可能になりました。実際には各航空会社により決定の実施時期が異なるため、すぐにというわけにはいきませんが、それほど長く待たされることはなさそうです。

この発表を受け、米国任天堂が「飛行機の離着陸時もニンテンドー3DSで遊べるってFAAが言ってるよ」とコメント。「飛行中ずっとタヌキマリオでいる許可がでた」と画像と共にアピールしています。

The FAA says you can now keep your #Nintendo #3DS in the upright position. FAA FTW. pic.twitter.com/C9cPn7cJB3 ― Nintendo of America (@NintendoAmerica) 2013, 11月 27

なお、携帯電話の通話に関しては管轄が違うため、今回の方針の中には含まれていません。

航空会社によっては飛行中Wi-Fiサービスが提供されているところもあるため、機内にニンテンドーゾーンが設置される未来が近い将来やってくるかもしれませんね。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら